寒北斗」カテゴリーアーカイブ

棕櫚ほうきと秋のひやおろしスタート

いつの間にか、涼しくなり過ごしやすいこの頃・・・。

これからの季節は一年のなかで一番好きな季節でもあり、また楽しみな季節です。

もう暑さが戻って来ないといいけどなぁ・・・。

誕生日を迎えた私に、自分で買った(笑)棕櫚(しゅろ)のほうきが届きました。

IMG_0785

先日実家に帰省したとき、廊下を掃こうと久しぶりに使った棕櫚のほうき、ホコリの集まり方が違い

改めて感動しました。もう40年以上は使っている現役のほうきですがひょっとしてモップよりも

断然いいのではとアレコレ調べ、この度めでたく我が家へ・・・「お待ちしておりました」。

今、日本の雑貨や道具などが、ブログや本でも人気で職人さんが一つ一つ丁寧に作った物が

注目されていますが「ほうき」もそうです。私は国産(和歌山)の棕櫚の皮巻タイプを選びましたが

もっと細かく念を入れた「鬼毛」タイプがあります。国産の棕櫚は大変希少で市場に出ている大半

の棕櫚ほうきの原料は海外の物だということで国産の物を探しました。

相方の「はりみ」はこれまた日本の素晴らしい伝統技が光るちりとりです。和紙に柿渋を塗って作られる

はりみは、ちりとりの原型で昔から縁起物として親しまれてきたそうです。見た目も使い勝手もさすがです。

棕櫚の天然オイルでフローリングも艶が出るとか・・・掛けておくだけでも美しいスタイルです。

 

さてさて、続きまして秋のお楽しみのひとつ「ひやおろし」のご案内です。

DSC_1559秋の日本酒といえばひやおろし、日本酒の中でも単純に生酒というのではなく、熟成を楽しむ旨味たっぷり

の生です。(写真左の寒北斗「shi-bi-en」はひやおろしではなく、季節酒「shi-bi-en」の秋バージョンです。)

本日入荷のひやおろしは「寒北斗」「西の関 二百日熟成」ですが、これから順々に各酒蔵のひやおろしが

入荷してきますので、お近くにお越しの際はぜひお気軽にお立ち寄りください。

今月の連休頃には「秋の日本酒試飲会」を開く予定です。

詳細は当店のチラシまたは店頭にてご案内します。美味しい日本酒を楽しみましょう。

 

 

 

 

とびきりキュートな春のにごり酒・・・寒北斗shi-bi-en

あたたかな春の日差しが気持よくて、眠くなる昼下がり、いかがお過ごしでしょうか?

入学式など初々しい制服姿の学生君たちを見ると本当に「まぶしいっ」ですね。

その裏で、お子さんを持たれるお母様方はとにかくメチャ忙しい4月、気合を入れていきましょう!!

 

今日は春限定新商品「寒北斗shi-bi-en(シビエン)」をご紹介させてください。

普段日本酒をお飲みの方なら、ご存知のかたも多いかと思いますが

「寒北斗」さんから出ている「シビエン」というお酒、これは季節ごとに限定酒として発売され

毎回大好評の人気銘柄酒です。昨年の夏からスタートして、この春またニューバージョンが登場しました。

春のshi-bi-en です。ご覧のとおりにごってますが、このにごりが多くのファンを惹きつけるのです。

かわいいピンクのラベルの印象とは違って、飲み心地はすっきりとふくらみのある辛口酒で

男性にも好評です。

DSC_1321春の気分を表したような色合いがなんともキュートですね。

お家で一杯、という時にも幅広い料理に合うのでぜひお試しください。

春もやはり美味しい日本酒で乾杯!

寒北斗shi-bi-en   1.8L   2777円(税込)

720ml   1388円(税込)

 

お問い合わせ  093-223-0050

 

 

ひやおろし ホームバー

ひやおろしHB先日開催した「ひやおろしホームバー」のご報告です。

おかげさまで毎回いろんな方に参加いただいて、いつの間にやら4回目。

ほぼ毎月の間隔で催していますが、やはり皆さん日本酒がお好きのようです。

私も日本酒がいいです。笑   この時期はやはり「ひやおろし」が美味しいので

5銘柄を楽しんでいただきました。

「寒北斗を樂しむ会」雪が舞う日に、熱燗大好評なり

DSC_0429_01DSC_0424DSC_0433日曜日、第一回酒の会「寒北斗を樂しむ会」を開きました。
外は雪がちらつき、日本酒を飲むのにはちょうどいい冷え込み具合。
寒北斗酒造の杉田さんをお迎えしての初の酒の会ということもあり
ドキドキの中、スタートしました。

今回は大吟醸「吟遊 雫」、今が旬のしぼりたて生と「喜平太」のアツアツの燗酒など
7種類のお酒を杉田さんのマニアックなお話とともに楽しみながらの和やかなひととき
となりました。

お越しいただいた皆さんに「熱燗」の良さをあらためて感じていただいたこと、
また寒北斗のそれぞれの酒を飲みくらべることで、普段はなかなか出来ない
「初めての日本酒の楽しみ方」を体験していただけたのではないかと勝手に
思ったりしています。

 夕刻 雪が舞う中、お開きとなりましたが、心も身体もぽかぽかだったのか皆さん笑顔で
ホッとしました。

本当に皆さん有難うございました。

   

この会お問い合せは 093-223-0050まで